気になる人とのラインの頻度や話題の作り方

公開日: : LINE/ライン

気になる人にラインを送る頻度ですが、何よりもまずその相手が「気になる人」であって、決して「彼女ではない」というところをはっきり認識しておく事が大切でしょう。この「彼女ではない」という認識は、ラインでの話題の作り方においても同じです。

- SPONSORED LINK -

追われれば逃げたくなるのが人間の真理

人間、追われれば逃げたくなるのが本能なのでしょう。つまりしつこくされると嫌われるのが落ちなのです。彼女でもない女性に、自分が気になっているからといって、そうそう頻繁にラインを送れば鬱陶しがられるに決まっています。

彼氏でもない男性からそうそう頻繁にラインが送られてきて、相手の女性が喜ぶという事は、それはあなたに気があるという証拠なので、そもそもラインの頻度、ラインでの話題作りに悩む必要なんてさらさら無いのです。

まだ自分に気が無いであろう、どちらかよく分からないという状況の場合は、ラインの頻度は赤の他人として週に1、2回がベターでしょう。女性の方が、無類のライン好きで誰とでも頻繁にラインを送り合うような女性である場合もあるでしょうが、だからと言って、あなたはその女性に気があるわけですから、その他の男性とは差別化される必要があるのです。

ですから、彼女との距離がより近付くまでは、週に1、2回という控え目な頻度で押さえ、何となく気になる存在へと自分を昇格させる必要があるでしょう。

調子に乗らないように常に自己牽制

恋愛関係は始まるまでも、そして最中でも、常に、ある意味男女の駆け引きと思っていいでしょう。その駆け引きを間違えれば、あなたは敗北に終ってしまうのです。その駆け引きを間違えない為に最も大切な事は、常に冷静である事、調子に乗ってしまわないようにする事です。

彼女からラインの返事が直ぐに来た、彼女からも頻繁にラインが来るようになった、「何となく距離が縮まってきた」と手応えを感じた時に、うっかり調子に乗ってしまうと大失敗を招きかねません。直ぐに来た返事に即行返事を返す、頻繁に来るラインに負けずと頻繁に返す、疑問系で終ってもないラインに対しても返事を返す、などです。

その女性はその時たまたま暇で、暇つぶしにラインしているのかもしれませんし、疑問系で終らせない事で内心「そろそろラインのやり取りを終らせたいのに…」と思っているかもしれません。ラインやメールにおいては、相手の都合なんて見えないのです。見えないからこそ、有頂天になる危険性がある事をしっかり肝に銘じておきましょう。 

ラインの話題はお誘い系

彼女でもない、ただ一方的に気になる女性に対してのラインの話題に、「今晩は月が綺麗ですね」といった内容は絶対にNGです。ただ「気持ち悪い」「それがどうした」と思われるのが落ちでしょう。彼女でもない女性に送るラインの話題は、ある意味「お誘い系」しかないと思ってもいいかもしれません。

何故なら、相手の女性はあなたの事をどう思っているのか分からないのです。あなたの前で常にニコニコしてくれいても、それは単なる社交辞令かもしれません。相手の心の中なんて分からないのです。

あなたに全く興味が無いのに、「こんな本を読んでとても面白かったです」「先日、職場の打ち上げでこんなお店に行きましたが、凄く美味しかったです」なんて、あなたのプライベートを晒されても、ただ迷惑としか思えないでしょう。

そうではなく、「こんな本を読んで面白かったです。今度映画化されるみたいですから、もし良かったら一緒に行きませんか?」「こんなお店に打ち上げで行きましたが、とても美味しいお店だったので、宜しかったら一緒に行きませんか?」と最後はお誘い系に持っていかないとおかしいでしょう。

このようにお誘い系の話題から、それが実現していき、徐々に距離が縮まれば話題の作り方に悩む事なく、話題は自然と広がっていくはずです。

要所要所に自分の思いを込める

気になる女性とのラインの始め方は、控え目な頻度で、そしてお誘い系の話題で、が鉄則なのですが、時々、要所要所で「あなたの事が気になっています」というニュアンスを含ませる事が大切でしょう。そうでなければ、あたなはただの「女性友達の代わり」「単なる良い人」に位置づけられてしまう可能性はゼロではありません。

このニュアンスを含ませる頻度もごくたまにで良いでしょう。まだそこまで気の無い男性から、まして全く気の無い男性から、そうそう頻繁に「気になっています」のニュアンスを含まれると、それこそ「気持ち悪い」「逃げたい」という思いにさせてしまうだけです。

「まあ好かれて悪い気持ちはしないわよね」ぐらいの、女性をちょっと良い気にさせるぐらいの頻度、それぐらいのニュアンスに留めるのが賢い方法だと言えるでしょう。

まとめ

ラインやメールは相手の状況が見えない分、自分の都合で動いてしまったり、相手の都合を自分の都合で想定してしまったりする危険性があります。

そうなれば、相手にも不快感を持たれるでしょうし、結果、自分自身も傷つく事になってしまいます。相手の状況が見えない分、控え目に攻めるスタンスを忘れないようにしましょう。

もし、あなたが頑張ってはいるけれど彼女ができないことで悩んでいるなら、「彼女ができない人の特徴と彼女の作り方」を読んでみると長く悩んでいたことが簡単に解決されるかもしれません。きっと、彼女ができないと悩んでいたことが驚くほどウソに感じるでしょう。

出会いがない!と感じている貴方におすすめの出会いサービス

実生活でなかなか出会いが無いという方に人気の「出会い系サイトやアプリ」。でも、ネットで出会いを求めてる人に、まともな人はいないのでは!?と思われますが、時代は刻々と変わってきています。今は5組に1組がオンラインで知り合う時代なのです!

ひとくちに出会い系といっても、サイトごとに「○○な人におすすめ」「○○な人向け」という特色が設定されているのです。出会い系サイトやアプリを利用するなら、まずは自分が「どんな出会いを求めているのか」という目的を再確認しておくとよいでしょう。

特集ページでは出会い系を利用する主な目的を3タイプに分けてご紹介しています。自分の目的がどのタイプに近いか確認して、最も適した出会い系サービスを見つける手助けにしてください。


⇒ 目的別で選ぶ!出会い系おすすめランキングはこちら


- SPONSORED LINK -

関連記事

女性からの返信率をアップさせるファーストメールのコツとは?

マッチングサイトを利用するにあたり、よく女性にメールを送っても全く返信が来ない。なんてことはありませ

記事を読む

LINE ID交換やQR投稿掲示板の危険性と利用時の注意点

友人や家族とのやり取りにはもちろんですが、異性との出会いの場としても利用されているLINE(ライン)

記事を読む

気になる女性とのラインで脈ありか脈なしを知る方法

最近では、老若男女問わず多くの人が利用しているライン!昔に比べて、連絡先を交換するハードルが下がり、

記事を読む

メールで絵文字を使う女性の心理とハートの本当の意味とは?

女性とメールをする機会が多い男性の場合には、女性からのメールには、やたらと絵文字が多いと感じることは

記事を読む

女性からラインの返信が来ない本当の理由に気付けていますか?

女性とラインのやり取りをしていると、返信が来なくなってしまう事がありますよね。また、既読が表示されて

記事を読む

失敗したくない男性必見!ラインで成功する告白の仕方

現在、ラインは様々な用途に使われています。それは仕事や交友関係、また恋愛にも多々使われています。その

記事を読む

成功率を上げるlineの連絡先交換方法

合コンやイベントで素敵な女性と出会った時、もっとこの人の事を知りたいと思った時、次に繋げる為に必ず必

記事を読む

うざいやつ決定!女性がウザイ男と思うラインの特徴

飲み会や打ち上げ等で、女性と知り合い連絡先を交換しても、返事が返って来なかったり、素っ気ない態度をさ

記事を読む

PAGE TOP ↑