【体験談あり】落語好きが集まる趣味コンに参加!

公開日: : 街コン/パーティー

職業柄、なかなか男性と知り合えない私。趣味で落語を聴きにいきます。年配の男性ファンが多いイメージですが若い男性・女性ファンも増えています。割合からいうと男性のほうが多いです。ファンに男性が多いので出逢う機会がないかと以前から思っていました。

そこへ落語を聴いた後に立食で気軽に話し、その後気になる人を書き、カップルをつくるという『落語を聴いて出逢いのきっかけを』というイベントを見つけました。年齢が40代の私はちょっと自信がありませんでしたが申し込んでみました。

- SPONSORED LINK -

落語家さんは誰が来るの?

出逢いの会ではありますが落語を少しでも好きな人が集まるイベントなので主催者も人が集まらない会は人集めが大変なようです。私も3ヶ月に1回の割合で募集が出るたび、まずは落語家さんをチェックしました。

もしあまり好きでない落語家さんの会へ行き、男性がその人の大ファンだったらその後の落語デートも好きな落語家さんが合わず、おつきあいはうまくいかないと思ったからです。なので私が好きな落語家さんの会まで我慢で待ってみました。

意外だった。男性の人数が少ない

落語ファンは圧倒的に男性が多いから男性申し込みが多いと思っていたらなんと女性のほうが多いのです。女性20名の人数は早めにうまりますが男性は集まらない様子。時々、『企画をした方から男性の人数がまだ集まりませんので詳細はもうしばらくお待ちください。』と連絡がきました。

男性落語ファンは出逢い目的の落語じゃなくて落語は落語と思うのか?検討もつきませんでしたがいい方との出逢いを信じて当日を待つことにしました。

当日行ってみてしたこと

会場は飲食が出来る小さなお店で時々落語会を開いてもいます。女性のほうが早めに来ていました。会場はまず落語を聴くので小さな舞台が正面にあり、パイプ椅子が舞台に向かって並んでいました。

来た人から順番に番号札と自分の簡単なプロフィールをもらい、落語開始までにプロフィール欄をうめました。プロフィール内容は名前・歳・離婚歴・家族構成・住まい・趣味・週末の過ごし方・相手に対しての希望・デートしたい場所などです。番号札には名前を書き、胸につけました。

落語が好きな人達なのかな?

時間になり、ほとんどの人が集まりました。落語家さんも出逢いの会なので気を使い、恋愛ものの古典落語を噺してくれました。今日の落語家さんのファンが何人かはいると思うけれど笑いの間合いや聴いている時の様子は(落語好きなのかな?)と思う感じでした。特に女性は初めての人が多かったように思いました。

落語が終わり、回転寿しで自己アピール

回転寿しが出来るように会場を変えました。女性は壁側に大きな円になり、椅子に座りました。自分の前に椅子が置かれ、3分で正面にきた男性とプロフィール用紙を交換し、用紙をもとにして話をしました。

やはり思ったのが趣味に落語と書いている人が少ないこと。落語を共通の趣味でおつきあいしたいと思っていた私はがっくりしました。話し始めに私の年齢を見て、(上だな。)と思っている感じがとても感じられました。1周が済んだところで終了になりました。

私が思っていた趣味コンとは違いました

回転寿しが終わり、次はフリータイムです。立食パーティー形式に会場が変わりました。食べ物・飲み物が運ばれ、フリータイムになる前に主催者から説明がありました。

『自由に食べながら話をしてください。』『フリータイム後、時間をとりますのでいいと思った方の名前を自分の名札の裏に書いてください。』『最後に発表します。』と説明があり、立食パーティーが始まりました、私は落語好きを全面に出し、噺家さんの話で盛り上がり、その後お互いの細かな話に進もうかと思っていました。

でも落語から話しを進めても相手はそれほど詳しくなく、結局本当の落語好きは1、2人ぐらいでした。女性もほとんど落語に詳しくなく、違う話しで盛り上がり、男性と楽しそうにおしゃべりをしていました。

結局は私がこの人と思う人はいず、男性からも声はかからず、カップルにならない会となってしまいました。2組カップルは出来ていましたがどちらも落語好きではなかったように思います。もっと落語好きな方々が集まる会があれば、もう1度チャレンジしたいです。

もし、あなたが頑張ってはいるけれど彼女ができないことで悩んでいるなら、「彼女ができない人の特徴と彼女の作り方」を読んでみると長く悩んでいたことが簡単に解決されるかもしれません。きっと、彼女ができないと悩んでいたことが驚くほどウソに感じるでしょう。

出会いがない!と感じている貴方におすすめの出会いサービス

実生活でなかなか出会いが無いという方に人気の「出会い系サイトやアプリ」。でも、ネットで出会いを求めてる人に、まともな人はいないのでは!?と思われますが、時代は刻々と変わってきています。今は5組に1組がオンラインで知り合う時代なのです!

ひとくちに出会い系といっても、サイトごとに「○○な人におすすめ」「○○な人向け」という特色が設定されているのです。出会い系サイトやアプリを利用するなら、まずは自分が「どんな出会いを求めているのか」という目的を再確認しておくとよいでしょう。

特集ページでは出会い系を利用する主な目的を3タイプに分けてご紹介しています。自分の目的がどのタイプに近いか確認して、最も適した出会い系サービスを見つける手助けにしてください。


⇒ 目的別で選ぶ!出会い系おすすめランキングはこちら


- SPONSORED LINK -

関連記事

40代男性のための婚活パーティーの選び方

結婚を切実に希望して結婚紹介所の婚活パーティなどに参加している男性にとっては、中々結果に結びつかない

記事を読む

相席屋で女の子と仲良くなる為に知っておくべき5つのコツ

最近巷で流行っている相席屋は、主要都市から徐々に拡大していき、今では週末になると満席状態になってきま

記事を読む

結婚式の二次会で気になる女性にアプローチする方法

結婚式の二次会は、適齢期の男女が集まり出会いの場所としても期待が膨らむ場所です。男女ともに、結婚式を

記事を読む

PAGE TOP ↑